シグネチャーダイヤモンド

Blue Nileシグネチャーダイヤモンドのお取り扱いがなくなり、新しくAstor by Blue Nile™が発表されました。GIAとGemExの両方で品質と美しいファイア、ブリリアンス、スパークルを保証しています。詳細
ダイヤモンド原石の図
弊社の最高品質を保証する工程は、未カットの最高の天然ダイヤモンド原石から始まります。自然のシェイプと結晶構造に基づいて、ダイヤモンドの原石はまず2つにカットされます。次にそれぞれのピースを熟練したダイヤモンド宝石鑑定士が細部にわたり鑑定し、最高の輝きを実現するプロポーションのとれたファセット(面)に印をつけます。

輝きが重要

Blue Nileシグネチャーダイヤモンドの寸法は緻密に限定されており、エラーの余地はありません。ごく僅かでもバランスが悪くカットされたダイヤモンドは、たとえカラット重量が大きくなったとしても、輝きが実現されません。著しい輝きを持つダイヤモンドを作るには、ダイヤモンドの原石の74%もをカットしなければなりません。Blue Nileシグネチャーラウンドダイヤモンドには、他に類を見ないレベルのダイヤモンドの輝きを示すGem Certification & Assurance Lab(宝石認定および品質保証ラボ)発行の認定書も合わせてついてきます。
シグネチャーアイデアルカット
ベリーグッドカット
グッドカット

パーフェクトなプロポーション

プロポーションはダイヤモンド内の光の通り方に影響を与えます。薄く幅広くカットされたダイヤモンドや、厚く細くカットされたダイヤモンドは、側面や底面で光が失われ、輝きのないダイヤモンドとなります。Blue Nileシグネチャーダイヤモンドは、パーフェクトなプロポーションにカットが施されており、ダイヤモンドが放つ最大の輝きの実現を可能にしました。

パーフェクトな対称性

ダイヤモンドファセット(面)のアラインメントや対称性も、ダイヤモンドの輝きに大きな影響を与えます。それぞれのファセットは、鏡のように作用します。ファセットが対称にアラインされていると、すべての反射光が見る人の目に向ってまっすぐに放たれます。左の図では、左のダイヤモンドが対称性に欠けるため、ファセットがアラインされていません。その結果、光はダイヤモンド内で正しい方向に向わず、輝きが失われます。右のダイヤモンドはBlue Nileシグネチャーダイヤモンドで、ファセットを対称に整列し、基準を満たすカットが施されているため、輝きがさまざまな方向に満遍なく放たれています。
完璧なシンメトリー
二重認定

二重認定

Blue Nileシグネチャーのルースダイヤモンドはすべて、GIAまたはAGSLで評価され、さらにGCALでも鑑定されています。これにより、お客様には第2の鑑定もご確認いただけるわけです。GCALは、お求めのダイヤモンドがBlue Nileシグネチャーコレクションの品質基準をすべて満たしていることも認定します。

Gemprint®

すべてのシグネチャーストーンはジェムプリント用に選別されており、Gemprint®に登録されなければなりません。お持ちのダイヤモンドがGemprint.comでGemprint®国際登録に登録されている場合、多くの保険会社で10%の割引が適用されます。会社のリストについて詳しくは、保険料割引をご覧ください。
Powered By OneLink