ダイヤモンド購入の手引を見る| メルマガに今すぐ登録する>
ウェディングリングの5本重ね

ウェディングリングのガイド

Blue Nileウェディングリングガイドにようこそ。お二人にぴったりの愛の象徴を見つけるために知っておきたい基礎知識を徹底レクチャーいたします。

Blue Nileウェディングリングガイドにようこそ。お二人にぴったりの愛の象徴を見つけるために知っておきたい基礎知識を徹底レクチャーいたします。

ここは、ウェディングリングの買い方がわからないとお悩みの方にぜひ読んでいただきたいページです。ウェディングリングの意味から、バンドリングのメタルの選び方、統一感のあるセットリングや独自の組み合わせをデザインする方法、コーディネートのヒントまで、差し迫った問題にBlue Nileのプロがお答えします。

ウェディングリングとエンゲージリングの組み合わせ

意外と知らないウェディングリングの意味

ウェディングリングは、個人的にも社会的にも象徴的な意味を持ちます。ご自身とパートナーの愛と忠誠のしるしであり、お二人が誓い合った間柄であることを世間に知らせるものでもあります。美しいウェディングバンドリングは、結婚式で交換する誓いの証で、このパートナーと永遠に添い遂げたいという願いです。エンゲージリングは結婚の約束を象徴する指輪ですが、それを公式なものにするのがウェディングリングです。

お客様の多くが、ウェディングリングはダイヤ入りでなければならないのかという疑問をお持ちです。Blue Nileでは、ダイヤモンドをバンドに埋め込んだウェディングリングを数多くご用意していますが、女性用ウェディングリング男性用ウェディングリングで最も人気のあるスタイルは、装飾がない地金(メタル)のバンドリングです。

ウェディングリングを探す

ウェディングリングとウェディングバンドリングの違い

ウェディングリング(マリッジリングまたはウェディングバンドリング)は、結婚式で新郎新婦が交換する指輪です。これらの言葉は同じ意味で使われています。

ダイヤモンドソリテールリングとカーブドダイヤモンドバンドリング

女性用ウェディングリング

女性用ウェディングリングのオプションは、シンプルな地金のバンドリングから、ダイヤモンドエタニティリングのような装飾的なスタイルまで様々なバリエーションがあります。まずはBlue Nileの女性用スタイルの人気トップ10を見て、探し始めるのがよいでしょう。ここでは、クラシックなプラチナバンドリング、マイクロパヴェダイヤモンド入りプラチナバンドリング、K18イエローゴールドやK14ローズゴールドにフレンチパヴェダイヤモンドを敷き詰めたエタニティリング、ミル打ち飾りやファンシーシェイプダイヤモンドのビンテージ風スタイルなど、Blue Nileで最も人気のあるデザインに目を通すことができます。

女性用スタイルを探す

エンゲージリングとウェディングリングの組み合わせ

ウェディングリングは伝統的に薬指にはめます。これは古代ギリシャ神話が由来で、左手の薬指には心臓に繋がる愛の血管があると信じられていました。結婚式の日、多くの女性はエンゲージリングを一時的に右手に移します。ウェディングリングを交換して結婚した後、ウェディングリングは心臓にもっとも近い場所に残したまま、エンゲージリングを左手に戻します。

ここ数年間で私たちが気づいた面白い変化は、一緒にエンゲージリングを購入されるカップルが増えたことです。多くの場合、デザインと象徴の両方の面でエンゲージリングとウェディングバンドリングの相性を考えてセレクトしておられます。

フレンチパヴェエンゲージリングとフレンチパヴェバンドリング

パーフェクトマッチ

Blue Nileでは、エンゲージリングのセッティングと同じメタル、留め方(プロング)、ダイヤモンドサイズを用いた女性用ウェディングバンドリングを数多くご提供しています。完璧な組み合わせを見つけるには、ウェディングリングマッチ機能を使ってみてください。

フレンチパヴェエンゲージリングとオーバルカットエタニティバンドリング

補完

エンゲージリングのデザインを引き立てるウェディングバンドリングを合わせて、自分だけのコーディネートを演出してください。

フレンチパヴェエンゲージリングとダイヤモンドクラウンバンドリング

意外性

ここでは、異なるメタル、カラーストーン、対照的なテクスチャーなど、意外な組み合わせでちょっぴり冒険してみました。

エンゲージリングに合わせた彼と彼女のウェディングバンドリング

男性用ウェディングリング

男性用ウェディングリングの選択肢は急速に進化・拡大しています。Blue Nileのベストセラーは、プラチナ、ホワイトゴールド、イエローゴールドのクラシックな地金のバンドリングですが、コバルト、タンタル、チタン、タングステンなど高耐久メタルの美しいデザインや、チャネルセットダイヤモンド、パヴェダイヤモンド、刻印入りスタイルなどもご用意しています。

男性用リングを探す
ツートンとチャネルセットの男性用ウェディングバンドリング

ウェディングリングセットとは

ウェディングリングセットには、エンゲージリングと、それに合う彼と彼女のウェディングバンドリングが含まれています。宝石店は通常、ウェディングセットと、男性用リングを含まないブライダルセットを区別しています。宝石業界以外の大半の人は、両方の組み合わせをウェディングセットと呼んでいます。

ペアのリングを探す

ウェディングリングに用いられる人気のメタル

女性用と男性用のウェディングリングは、伝統的な地金のプレーンスタイルから、ダイヤモンドやジェムストーン入りの装飾的なデザインまであります。プラチナ、イエローゴールド、ホワイトゴールド、ローズゴールド(ピンクゴールド)など、ウェディングリングに用いられる人気のメタルには、数百種類のオプションがあります。

プラチナ製のウェディングリングは、95%の高純度と、金の30倍という希少性から、広く称賛されています。プラチナは元来低刺激性、高密度で、ずっしりとした特別な重量感があります。経年変化が少なく耐久性も優れています。とは言え、プラチナのウェディングバンドリングは比較的高価なオプションです。イエローメタルよりホワイトメタルの色合いを好む人々は、ホワイトゴールドを選ぶ傾向があります。ホワイトゴールドは見かけはプラチナに似ていますが、プラチナほど高価ではありません。ウェディングリングに最適なゴールドをお探しのお客様は、Blue Nileのイエローゴールド、ローズゴールド、ホワイトゴールドのウェディングバンドリングのオプションがK14(14金)とK18(18金)であることにお気づきですね。K24(24金)はウェディングリングを制作するには柔らかすぎるからです。

地金のメタルについて
異なるプレシャスメタルを用いた5個のウェディングバンドリング

自分のリングサイズを見つける

リングサイズの測り方のヒントとツールをご紹介しましょう。最初の方法は、印刷可能なゲージと手持ちのリングを基準にしてリングサイズを推定する方法です。2つ目の方法は正確ですが、無料のリングサイザーを注文する必要があるので、少しお時間を頂戴します。(両方とも下のリンクからご利用いただけます。)

リングサイズを調べる
Powered By OneLink