ダイヤモンド購入の手引をゲット  | 今すぐメールマガジンに登録
ホワイト、ブルー、ピンクの石で彩るLightbox合成ダイヤモンドのジュエリーコレクション

人工(合成)ダイヤモンド

合成、ラボグロウン、養殖、人工など様々な呼び名がありますが、合成ダイヤモンドはあらゆるタイプのジュエリーで人気が高まっています。合成ダイヤモンドの煌めきを科学技術で再現する方法や、天然ダイヤモンドとの比較について学びましょう。
合成、ラボグロウン、養殖、人工など様々な呼び名がありますが、合成ダイヤモンドはあらゆるタイプのジュエリーで人気が高まっています。合成ダイヤモンドの煌めきを科学技術で再現する方法や、天然ダイヤモンドとの比較について学びましょう。

合成ダイヤモンドとはどのようなダイヤモンドですか?

合成ダイヤモンド(ラボ・グロウン・ダイヤモンド)は、管理されたラボ環境で「育てられた」ダイヤモンドです。合成ダイヤモンドは天然ダイヤモンドと同じ化学成分で構成されていますが(炭素原子が特定の配列で並ぶ)、地殻の深部で形成される代わりに、研究所(ラボ)で作製されます。合成ダイヤモンドは天然ダイヤモンドと化学的に同じですから、外観、品質、耐久性に関してはほとんど見分けがつきません。

工業用途の合成ダイヤモンドを作る技術は50年以上前から存在していましたが、過去10年の間に品質面と価格面で大きな進歩を遂げ、このようにラボで製造されたダイヤモンドを宝石にも使用できるようになりました。

合成ダイヤモンドにはどのようなメリットがありますか?

美しさ

合成ダイヤモンドは天然ダイヤモンドと同じように輝き、煌めきます。

価値

合成ダイヤモンドはわずか数週間で大量に生産できます。そのため、同じ大きさと品質の天然ダイヤモンドに比べて、かなり価格を抑えることができます。

エシカルなチョイス

今日、天然ダイヤモンドも合成ダイヤモンドも倫理的なダイヤモンドとして選ばれています。採掘されていないダイヤモンドをお探しの方には、合成ダイヤモンドが人気の選択肢です。

合成ダイヤモンドも天然ダイヤモンドもゴージャスな煌めき、美しさ、耐久性をもたらします。両者とも、4Cをはじめとするダイヤモンドの品質が評価されます。合成ダイヤモンドには特別なメリットがあります。

  • 天然ダイヤモンドよりも安価である
  • 天然ダイヤモンドに特有の内包物やキズを減らせるため欠点が少ない
  • 化学的・光学的な特性は天然ダイヤモンドと同じである

合成ダイヤモンドはピアス、ネックレス、リング、ブレスレットなど様々なジュエリーに利用されています。肉眼では、合成ダイヤモンドは天然ダイヤモンドと見分けがつきません。

合成ダイヤモンドは本物のダイヤモンドとみなされますか?

合成ダイヤモンドは本物のダイヤモンドです。合成ダイヤモンドには、天然ダイヤモンドと同じ立方結晶構造の炭素原子が含まれています。天然ダイヤモンドも合成ダイヤモンドも外観と化学的特性は同じで、高品質なジュエリーに永続的な輝きをもたらします。

合成ダイヤモンドを見る

合成ダイヤモンドと天然ダイヤモンドの違いは何ですか?

天然ダイヤモンドも合成ダイヤモンドも、炭素原子が立方体の結晶石に変化したものです。合成ダイヤモンドはその化学組成により、天然ダイヤモンドと光学特性が同じですが、天然ダイヤモンドほど希少ではありません。何万年もかけて形成される天然ダイヤモンドは、地殻の奥深くに埋まっていた圧力によって、その煌めきと形が生まれます。今後発見される天然ダイヤモンドはすべて過去に生成されたものであるため、希少性は永遠です。人工ダイヤモンドは限りなく生産できます。

合成ダイヤモンドはどのように作られるのですか?

近年、合成ダイヤモンドに関連する科学技術が進歩し、専門の研究所で高品質なダイヤモンドを作製することが可能になりました。すべてはシードダイヤモンドという合成ダイヤモンドの小さな破片から始まります。シードは、化学気相蒸着法(CVD)または高温高圧法(HPHT)のプロセスを経て完全な合成ダイヤモンドになります。

CVD法で合成ダイヤモンドを作製するには、シードダイヤモンドの小片をプラズマ反応器に入れ、低圧下で炭素を主成分とする混合ガスを加えます。次に、マイクロ波を使用してガスを加熱し、プラズマを生成します。数千度を超える高温になると、ガスの分子が分離して炭素原子がシードと結合し、1層ずつ薄膜が形成されていきます。層が厚くなると、CVDの合成プロセスによって完全なダイヤモンドが製造されます。

HPHT法はラボでダイヤモンドを作るもう一つのアプローチで、一定のプロセスに従って天然ダイヤモンドが自然に形成される環境を再現します。HPHT法のダイヤモンドは同じくシードダイヤモンドから始めますが、後続のステップが異なります。HPHT法のダイヤモンドでは、シードを出発物質の炭素と一緒に大型プレス機に入れます。プレス機で高圧と高温を同時にかけると、出発物質の炭素が極限状態になります。すると炭素原子が分離して低温のダイヤモンドシードにたどり着き、結合します。その結果、炭素の新しい層が形成されて実物大のダイヤモンドに育ちます。このようにしてダイヤモンドの層が増えていきます。シードダイヤモンドは炭素格子のガイドの役割を果たし、完全なダイヤモンドが形成されるまで新しい炭素層を導きます。このダイヤモンド合成プロセスは、地中でダイヤモンドが形成される環境に最も近いとされています。

CVD法でもHPHT法でも、ラボでダイヤモンドが作製されるのに数週間から数か月かかります。正確な期間はダイヤモンドの大きさ、カラー、その他の特徴によって異なります。

合成ダイヤモンドと模造ダイヤモンドの違いは何ですか?

合成ダイヤモンドはダイヤモンドですが、模造ダイヤモンドはダイヤモンドではありません。キュービックジルコニアやモアッサナイトのようなダイヤモンド類似石は、化学成分がダイヤモンドと異なります。

模造品はガラスやキュービックジルコニアのようなシード素材で作られています。そのため、モアッサナイトなどのダイヤモンド類似石は、合成ダイヤモンドの硬度と光学特性がありません。時が経つと、摩耗しやすく輝きが衰えます。一方、合成ダイヤモンドは天然ダイヤモンドと化学的に同一ですから、同様の美しさと耐久性を実現します。

合成ダイヤモンドの証明や評価はどのように行われるのですか?

天然ダイヤモンドと同様に、ラボで作製されたダイヤモンドは鑑定を受けるオプションがあります。ダイヤモンドの鑑定を専門とする宝石研究所に送られた合成ダイヤモンドは、複数の宝石鑑定士によって個別に評価されます。その後、個々の評価を集めて比較しながら、合成ダイヤモンドの最終評価が決まります。

合成ダイヤモンドのすべてが鑑定されるわけではありません。通常、小さい石は鑑定されず、合成ダイヤモンドを敢えて鑑定しない宝石店もあります。Blue Nileでは、購入プロセスに透明性をもたらすために、合成ダイヤモンドの多くを鑑定しています。

合成ダイヤモンドと天然ダイヤモンドは見分けがつきますか?

通常、合成ダイヤモンドと天然ダイヤモンドの違いは区別しにくく、特に肉眼では見分けがつきません。合成ダイヤモンドも天然ダイヤモンドも炭素原子の結晶構造が同じで、光学特性が同じです。

宝石の専門家が拡大鏡で内包物を見れば、この2種類のダイヤモンドを識別できるでしょう。ダイヤモンドはその生成プロセスによって、異なるタイプの内包物が含まれます。

合成ダイヤモンドは天然ダイヤモンドと値段の付け方が異なりますか?

石の個性や希少性で価格が決まる天然ダイヤモンドと違って、合成ダイヤモンドは1カラット当たりの価格を均一に設定できます。合成ダイヤモンドは生産量に限界がないので、天然ダイヤモンドよりかなり価格が抑えられているというメリットもあります。

よくある質問

はい。Blue Nileでは高品質な合成ダイヤモンドを販売しています。天然と合成を含むルースダイヤモンドの幅広いセレクションを提供しています。

合成ダイヤモンドにはカラー、クラリティ、カットにバリエーションがあり、天然ダイヤモンドと同様に、内部や表面に小さい内包物や傷が見られるものもあります。

はい。合成ダイヤモンドは、他のハイジュエリーと同じく保険をかけて守ることができます。

合成ダイヤモンドは(特に正確な検査機が使用された場合)、ダイヤモンドと判定されます。ダイヤモンド鑑定機関の専門家が屈折特性を検査すれば、合成ダイヤモンドとモアッサナイト(人造石)は簡単に区別できます。モアッサナイトは複屈折で、合成ダイヤモンドは単屈折です。

はい。合成ダイヤモンドは量産されています。つまり宝石本来の希少性が低いため、天然ダイヤモンドより安価に手に入れることができます。

合成ダイヤモンドは、管理された環境下で製造されるので、一貫した品質と厳格な基準を維持することが可能です。合成ダイヤモンドは、天然ダイヤモンドと同じ4C(カット、カラー、クラリティ、カラット)の特性に従って評価できます。カット、カラー、クラリティ、カラットが評価されます。

どのジェムストーンにも言えることですが、合成ダイヤモンドの再販価格は時と共に変わります。通常は、その希少性から天然ダイヤモンドの方が高価になりますが、合成ダイヤモンドは美しい輝きを手頃な価格で手に入れたい場合の魅力的な選択肢と見なされています。

合成ダイヤモンドには、天然ダイヤモンドのような希少価値はありませんが、それでも価値はあります。美しい4Cが高く評価されている合成ダイヤモンドは、ジュエリーコレクションに気軽に加えることができます。合成ダイヤモンドは天然ダイヤモンドと同等の耐久性があり、ジュエリーの美しさを増すことができます。

合成ダイヤモンドと天然ダイヤモンドは、どちらも特筆すべき特徴や品質があります。合成ダイヤモンドは天然ダイヤモンドと同様に、GIAによって評価され、ラボで製造されたダイヤモンドにも地中で生成された天然ダイヤモンドにも高品質なものがあります。

合成ダイヤモンドの購入先をお探しなら、Blue Nileのセレクションが一番です!Blue Nileでは販売用の合成ダイヤモンドを豊富に取り揃えています。

合成ダイヤモンドの製法は2通りあり、化学気相蒸着法(CVD)と高温高圧法(HPHT)のどちらかで製造されます。

合成ダイヤモンドは採掘されていないので、Kimberley Process証明制度の対象外です。合成ダイヤモンドはエシカル(倫理的)な宝石の新たな選択肢と見なされています。
Powered By OneLink