ダイヤモンド購入の手引をゲット  | メルマガに今すぐ登録する>
ホワイト、ブルー、ピンクの石で彩るLightbox合成ダイヤモンドのジュエリーコレクション

人工(合成)ダイヤモンド

人工ダイヤモンドは、合成、ラボ製造、人造などの様々な呼び名がありますが、ダイヤモンドの特徴である煌めきを科学技術で再現しており、近年人気が高まっています。
人工ダイヤモンドは、合成、ラボ製造、人造などの様々な呼び名がありますが、ダイヤモンドの特徴である煌めきを科学技術で再現しており、近年人気が高まっています。

人工(合成)ダイヤモンドとは?

工業用途の人工ダイヤモンドのテクノロジーは50年以上前から存在していましたが、過去10年の間に品質面と価格面で大きな進歩を遂げ、このようにラボで製造されたダイヤモンドを宝石として使用できるようになりました。ラボで「レシピ」を変えれば、美しいブルーやピンクなど、様々な色のカラーダイヤモンドを作り出すことができます。

人工ダイヤモンドの利点は?

ダイヤモンドの横に置かれた実験用ビンのイラスト

美しさ

人工ダイヤモンドは天然ダイヤモンドと同じように輝き、煌めきます。

天然ダイヤモンドと人工ダイヤモンドの見た目が同じであることを示すイラスト

価値

人工ダイヤモンドはわずか数週間で大量に生産できます。そのため、同じ大きさと品質の天然ダイヤモンドよりもかなり安価になります。

複数の色帯が見られるダイヤモンドを示すイラスト

カラーの選択肢

人工ダイヤモンドは美しい無色の石のほか、天然では非常に珍しく高価な数々のカラーで入手できます。

人工ダイヤモンドは本物のダイヤモンドと見なされますか?

人工ダイヤモンドも天然ダイヤモンドも、立方体の結晶構造を形成する炭素でできています。人工ダイヤモンドと天然ダイヤモンドの違いは、専門家が最先端装置を使用しない限り、肉眼では区別できません。

合成ダイヤモンドを見る

人工ダイヤモンドと天然ダイヤモンドの違いは何ですか?

天然ダイヤモンドも人工ダイヤモンドも、煌めく立方体の結晶石に変化した炭素原子から作られます。人工ダイヤモンドはその化学構造から、天然ダイヤモンドと同じ光学特性を持っていますが、宝石本来の希少性は備わっていません。何万年もかけて形成される天然ダイヤモンドは、地殻の奥深くに埋まっていた圧力によって、その煌めきと形が生まれます。そのため、これから現れる天然ダイヤモンドはすべて過去に創造されたものであり、非常に希少です。一方、人工ダイヤモンドは限りなく生産することができます。

グレーを背景にした様々なダイヤモンドカラー。

人工ダイヤモンドにはいろいろな色がありますか?

人工ダイヤモンドには、クラシックな白い煌めきから、淡いピンク、澄み切った青空のブルーまで幅広い色相があるので、お好みに合わせて選ぶことができます。

Blue Nileでは、Lightboxの人工ダイヤモンドを豊富に取り揃えています。Lightboxは、混合ガスをCVDリアクターに加え、合成プロセスの最後にトリートメントと組み合わせて、美しいカラーストーンを生成します。こうして、天然ダイヤモンドでは非常にレアで高価な色とりどりの石を作ることができます。

人工ダイヤモンドはどのように作られるのですか?

すべては1つのシード(基板)から始まります。小さな人工ダイヤモンドから作られたシードは、2つあるプロセスのどちらかに通します。CVDまたはHPHTCVD(化学気相蒸着)法では、シードをプラズマ反応器に入れて、ごく低圧下で炭化水素ガスの混合を加えます。するとマイクロ波がガスを加熱してプラズマを生成します。数千度の高温になると、ガスの分子が分解されて炭素原子がシードと結合しそのたびに層を形成していきます。

高温高圧合成(HPHT)法は、天然ダイヤモンドの形成を人工的に再現するもので、大型プレス装置に基板を入れて、炭素に極度の高圧力と高温を適用します。シードが炭素格子のガイドの役割を果たし、ほんの数日でダイヤモンドになり、目的のカラット数に達するまで一層ずつ成長していきます。

人工ダイヤモンドと模造ダイヤモンドの違いは何ですか?

人工ダイヤモンドと異なり、模造ダイヤモンドはダイヤモンドではありません。外観はダイヤモンドによく似ていますが、模造石はガラスやキュービックジルコニアなどのシード素材から作られます。そのため、モアッサナイトなどの模造石は、人工ダイヤモンドの硬度と光学特性に欠け、時が経つと、摩耗しやすく輝きが衰えます。

拡大鏡で見たホワイトダイヤモンド

人工ダイヤモンドはどのように鑑定され評価されるのですか?

一部の人工ダイヤモンドは、カット、クラリティ、カラー、カラットの4Cに従って、天然ダイヤモンドに似た鑑定と品質証明を経ています。ダイヤモンドの鑑定を専門とする宝石研究所に送られた人工ダイヤモンドは、研究所の複数の宝石鑑定士によって個別に格付けされます。その後、個々のグレードをまとめて比較しながら、人工ダイヤモンドの最終グレードを決めます。

人工ダイヤモンドと天然ダイヤモンドは見分けがつきますか?

はい。人工ダイヤモンドと天然ダイヤモンドの違いは、ダイヤモンドの専門家が専用の装置で判別できます。

このサイトで購入するLightboxの人工ダイヤモンドジュエリーには、品質を保証する小さな刻印が付いています。Lightboxの人工ダイヤモンドは煌めきも外観も天然ダイヤモンドと同じですが、この刻印があることで、Lightboxで製造され、高い品質基準を満たした0.2カラット超えの人工ダイヤモンドであることが分かります。この刻印は肉眼では見えませんが、10倍率のルーペで容易に見ることができます。

人工ダイヤモンドは天然ダイヤモンドと値段の付け方が違いますか?

石の個性や希少性で価格が決まる天然ダイヤモンドと異なり、人工ダイヤモンドの価格はカラットごとに均一に設定できます。人工ダイヤモンドは生産量に限界がないので、天然ダイヤモンドより低価格であるというメリットもあります。

よくある質問

Blue Nileでは人工のルースダイヤモンドは販売していません。当サイトのルースダイヤモンドはすべて天然ダイヤモンドです。

人工ダイヤモンドにはカラー、クラリティ、カットにバリエーションがあり、天然ダイヤモンドのように、内部や表面に小さな内包物や傷が見られるものもあります。

人工ダイヤモンドは天然ダイヤモンドと同じく耐久性があり、時が経過しても白く濁らず、美しい煌めきが持続します。

はい人工ダイヤモンドは、他のハイジュエリーと同様に保険をかけることができます。

適切な装置を使用しなければ、人工ダイヤモンドがモアッサナイトと間違われる可能性があります。ダイヤモンド鑑定機関の専門家が石の屈折特性を検査すれば、簡単に識別できます。モアッサナイトは複屈折で、人工ダイヤモンドは単屈折です。

はい。人工ダイヤモンドは量産されています。つまり宝石本来の希少性が低いため、天然ダイヤモンドより安価に手に入れることができます。

人工ダイヤモンドは、制御された環境下で生産されるので、一貫した高品質と厳しい基準を維持することが可能です。人工ダイヤモンドは、天然ダイヤモンドと同じ4C、カット、カラー、クラリティ、カラットが評価されます。

最先端装置を備えた鑑定機関の専門家であれば、天然ダイヤモンドと人工ダイヤモンドの違いを容易に判別できます。さらに、当サイトのLightbox人工ダイヤモンドには、10倍の拡大鏡でしか見えない極小のマークが刻印されています。

どのジェムストーンにも言えることですが、再販価格は時代と共に推移します。人工ダイヤモンドは最近市場に登場したので、天然ダイヤモンドに比べると、将来的な量産の可能性と価格相場については未だ不確定な要素があります。

Powered By OneLink