ダイヤモンド購入の手引をゲット  | メルマガに今すぐ登録>

ダイヤモンドのカラー

ダイヤモンドのカラーは、ダイヤモンドを選ぶときカットの次に考慮すべき重要な要素です。最高品質のダイヤモンドは無色で、低品質なダイヤモンドは色が目立ち、薄い黄色みを帯びています。

米国宝石学会(GIA)では、ダイヤモンドの色をD(無色)からZ(薄い黄色または茶色)までのスケールで評価しています。グレードがHとGのダイヤモンドを含め、ほとんどのダイヤモンドには多少の色が付いていますが、D-Zのダイヤモンドはホワイトダイヤモンドとも呼ばれています。

ダイヤモンドカラーチャートによるダイヤモンドの色

GIAのダイヤモンドカラースケールは、ダイヤモンドのカラーグレードの業界標準になっています。これが標準になる前は、他のカラーグレードスケールでA、B、Cが使用されていたため、GIAでは混乱を避けるためにスケールをDから始めることにしました。

GIAのダイヤモンドチャートには6つのカテゴリがあり、カラーグレードは「完全無色」から「薄い色味」までの範囲です。グレードDのダイヤモンドは無色に最も近く非常に希少ですが、グレードGとグレードHのダイヤモンドは「ほぼ無色」でありながら、完全無色のダイヤモンドより価格が下がるので、大変お買い得なダイヤモンドと言えます。カラーチャートの下方に行くほどカラーグレードが低く、黄色みを確認しやすくなります。

Dのダイヤモンド例
L~Z
K
J
I
H
G
F
E
D

グレードDのダイヤモンド(完全無色)

グレードDのダイヤモンドは最高グレードで非常に稀です。お金で買える最高級のカラーグレードです。8%のお客様がグレードDのダイヤモンドを選択なさっています。

「Dグレードのダイヤモンド」を参照

ダイヤモンドのカラーとご購入の手引き

エンゲージリングなどの高級ダイヤモンドジュエリーをお探しの場合は、ダイヤモンドのカラーが価格にどのように影響するかを理解することが重要です。以下はダイヤモンドのカラーについて知っておきたい情報とご購入の手引きです。

Blue Nileのダイヤモンドをカラーグレード別に探す

Blue Nileでは、無色(D~F)、ほぼ無色(G~J)から、かすかな黄色み(K)まで、高いカラーグレードのダイヤモンドをご用意しています。

  • 高品質で美しいダイヤモンドをお選びいただけるように、
  • 天然ダイヤモンドの黄色みが肉眼では識別しにくいように、
  • 輝きを優先するか予算を優先するかにかかわらず、多彩なオプションをご提供しています。

無色のダイヤモンド

ほぼ無色のダイヤモンド

かすかな黄色みを帯びたダイヤモンド

ホワイトダイヤモンドとカラーダイヤモンド

ダイヤモンドのカラーはどんなときに良いの?レッド、オレンジ、イエロー、グリーン、ブルー、ピンク、パープルなど、虹のように色とりどりのダイヤモンドが流通しています。これらは「カラーダイヤモンド」と呼ばれています。天然色のダイヤモンドは10,000個のうち1つだけで、色が鮮明なほど希少で価値があります。カラーダイヤモンドは別のダイヤモンドカラースケールで評価され、場合によってはホワイトダイヤモンド以上に希少価値があります。

カラーダイヤモンドの詳細はこちら

Powered By OneLink