ダイヤモンド購入の手引を見る| メルマガに今すぐ登録する>

GCAL真正品証明書

Gem Certification & Assurance Lab (GCAL)が発行する鑑定書は、ダイヤモンドの品質を認証したものです。すべてのBlue Nileシグネチャーコレクションは、GIAまたはAGSLでグレードの評価を受け、さらにGCALの認定も受けています。これにより、お客様には第2の鑑定もご確認いただけるわけです。GCALは、お求めのダイヤモンドがBlue Nileシグネチャーコレクションの品質基準をすべて満たしていることも認定します。

Gem Certification & Assurance Lab(GCAL:宝石認定および品質保証ラボ)

本物であることの証、GCALダイヤモンド証明書

GCALでは各ダイヤモンドが、宝石学上識別可能な許容範囲でGIAまたはAGSLのグレーディング・レポートに記載のグレートと測定値に合致していることを保証しています。GCALは各ダイヤモンドがBlue Nileシグネチャーコレクションの品質要件を満たしていることも保証します。原寸大写真:ダイヤモンドの実際のサイズを示した写真。レーザー刻印の写真:50倍の拡大鏡で撮られたレーザー刻印のクローズアップ写真。プロポーション図:ダイヤモンドの実際の比率と具体的な寸法を記した図。これらの測定法はカットグレードを決定するために使用されます。拡大顕微鏡写真:上部から底部にかけてのダイヤモンドの写真。

光学輝度分析

ダイヤモンドから反射される明るい白色光の割合を測定します。

エクセレント=100-93%、ベリーグッド=92.9-88%、グッド=87.9-80%、フェア=79.9-75%

光学対称解析

この試験はダイヤモンドから出る光を分析するもので、ダイヤモンドの均衡のおける不一致を示すものです。均等で対称性のあるパターンは光が正しく均衡を取りしたがって優良な品質であることを示すものです。証明書:鑑定したダイヤモンドの品質を証明するGCAL宝石鑑定保証研究所の責任者が署名をした文書ダイヤモンド鑑定分析:シェイプ(形)、寸法、カラット重量(カラット数)と、プロポーションを基準としたカットグレード、フィニッシュ(仕上げ)、シンメトリー(対称性)、カラー、クラリティ(透明度)のグレード(等級)を記したセクション。またダイヤモンドに関するコメントも記載されています。

光学対称解析

詳細情報:

Blue Nileのダイヤモンドと高級ジュエリーに付属する当社の鑑定とグレーディング・レポートについて詳しくお読みください。

Powered By OneLink