ダイヤモンド購入の手引をゲット  | メルマガに今すぐ登録>

AGSL品質保証書

American Gem Society Laboratories(AGSL:米国宝石協会研究所)が発行するダイヤモンド品質保証書は、本物であることの証明書として宝石業界から広く認められ、信頼されています。

AGSLダイヤモンド品質保証書

AGSLはカット、カラー、クラリティを0から10までのスケールに等級付けするダイヤモンド鑑定システムを使用しています。0は最も希少で理想的、10は最も望ましくないことを示します。

AGSLが鑑定するダイヤモンドの特性

シェイプとスタイル:
ダイヤモンドの形とカットのスタイル。
寸法:
ダイヤモンドの寸法をミリメートルで示します。
カットグレード:
カットの等級0は、最も希少で理想的、10は最も望ましくないことを示します。カットのグレードを判定する3要素は、光のパフォーマンス(輝き)、プロポーション係数、仕上げです。
光のパフォーマンス:
上から見たときのダイヤモンドの全体的な外観。光のパフォーマンス(輝き)は、カットの判定に使用される3要素の一つです。
プロポーション要素:
プロポーション、重量比、耐久性など、ダイヤモンドの形状を判定する因子。プロポーション係数は、カットの判定に使用される3要素の一つです。
フィニッシュ(仕上げ):
ダイヤモンドの研磨と対称性の総合指標。仕上げは、カットの判定に使用される3要素の一つです。
ポリッシュ:
ダイヤモンド表面の全体的な滑らかさの評価。
対称性:
ダイヤモンドのファセット間の形状、配列、配置と、輪郭の均一性。
カラーグレード:
カラーの等級0(D)は、最も希少で理想的、10(Z)は最も望ましくないことを示します。0.5ポイントを割り当ててカラーの全等級を表します。
クラリティグレード:
クラリティの等級0(FL/IF)が最も希少で理想的、10(I3)が最も望ましくないことを示します。仕上げの所見については、コメントを参照してください。
カラット重量:
ダイヤモンドの重量は小数第3位まで測定されます。
メモ
証明書に記載されていない追加特性と、スケールで評価され、inert、faint、medium、strong、very strongの単語を使って分類される蛍光性の説明。
プロポーション図:
ダイヤモンドの実際の比率を図示したもの。
クラリティプロット
顕微鏡で見たときの内包物の概算サイズ、種類、位置を図示したもの。

プロポーション図の見方

プロポーション図には通常、以下の情報が含まれています。

深さ:
宝石のキューレットからテーブルまでを測った高さです。
テーブル:
ダイヤモンドのトップにあるテーブルは、ダイヤモンドで一番大きい面です。
ガードル:
ガードルの厚さの範囲。
キューレット:
キューレット面の有無。

詳細情報:

Blue Nileのダイヤモンドと高級ジュエリーに付属する当社の鑑定とグレーディング・レポートについて詳しくお読みください。

Powered By OneLink