GemEx

1998年に創設されたGemExは、ダイヤモンドのライトパフォーマンスを科学的に測定するというコンセプトの先駆けでした。エンジニアが開発したイメージング分光高度計と呼ばれる独自の光解析技術を使用して、GemExは個々のダイヤモンドのブリリアンス、ファイア、スパークルを判別して定量化できます。
GemEx、ファイアとスパークル認定書
GemEx、ファイアとスパークル認定書

GemExダイヤモンドライトパフォーマンス認定書

ダイヤモンドは、鏡の役割を果たす多数のファセット(面)から成っています。ダイヤモンドの美しさの決め手となる要素の1つは、光の操り方です。ダイヤモンドがファセットで反射する光が多いほど、明るく輝きます。GemExでは、特許技術のBrillianceScopeを使用してダイヤモンドから反射される光の量を計測しています。BrillianceScopeは、白色光(ブリリアンス)、着色光(ファイア)、シンチレーション(スパークル)、職人の技術を映し出す概観(ビュー)、そしてダイヤモンドの対称性(シンメトリー)の5種類の測定を行います。GemExのダイヤモンドライトパフォーマンスの尺度でブリリアンス、ファイア、スパークルで「ベリーハイ」と測定されたダイヤモンドのみがAstor by Blue Nile™ダイヤモンドに値する品質とされています。

二重認定

Astor by Blue Nile™ダイヤモンドはそれぞれにパンフレットが付属し、GIAの鑑定情報と共にGemExのダイヤモンドライトパフォーマンス認定書が含まれています。両研究所の詳細なレポートは、Astor by Blue Nile™ダイヤモンドごとにオンラインでご覧いただけます。

GemExのレポートに記載されるダイヤモンドの特徴

輝き

ダイヤモンドから反射される明るい白色光の割合を測定します。
ブリリアンス

ファイア

ダイヤモンドから反射される明るい着色光の割合を測定します。
ファイア

輝き

ダイヤモンドから反射されるライトポイントの数と、光の屈折による変化を測定します。
輝き
Powered By OneLink