パールジュエリー

このガイドを使用してBlue Nileで提供している養殖真珠の品質と価値について学び、ご自分に合ったパールを見つけましょう。

養殖真珠とは何か?

自然の中で天然真珠を見つけることは極めて難しく、今日販売されているパールのほとんどは養殖によって製造されたものです。養殖真珠の製造過程は、小さなビーズを牡蠣の中に移植することから始まります。時間とともに牡蠣はビーズを天然鉱物およびタンパク質で覆い、その工程を重ねることによって真珠が形成されていきます。これらの層は真珠層と呼ばれ、パールに美しい光沢と色彩を与えます。
 

正しいパールの選択

パールの種類

Blue Nileでは淡水、南洋、タヒチ産の養殖真珠に加え、二種類のあこや養殖真珠コレクションも提供しております。Blue Nileのパールジュエリーは、スタッド、ファッションイヤリング、ストランド、ネックレス、ペンダント、そしてブレスレットなど、様々なスタイルでお買い求めいただくことができ、お客様がご自分のスタイルおよびご予算に合った最適なパールジュエリーをお選びいただけるよう、様々な価格のパールジュエリーを販売しております。


 

品質

業界全体においてパールに対する標準化されたグレードはありませんが、Blue Nileでは一つ一つのパールが当社の高い品質基準を満たすように保証しております。Blue Nileでは、パールの各種類についてのガイドを提供しておりますので、ぜひそれぞれの異なる品質についてお学びください。

 

カラー

パールカラー

パールの通常の色はボディーカラーとも呼ばれています。典型的なパールのカラーはホワイト、クリーム、イエロー、ピンク、シルバー、またはブラックです。中にはオーバートーンと言われる二次的なカラーを持ったパールもあります。オーバートーンはパールの表面に光が反射した時に見ることができます。例えば、パールストランドは一見したらホワイトですが、より良く見るとピンクのオーバートーンが見える場合があります。


 

光沢

パールは光沢と呼ばれる濃厚で深い輝きを生成します。この効果は、パールを構成する小さな炭酸カルシウム製クリスタルの何層もの層に光が反射した時に現れます。この層は真珠層と呼ばれています。パールを選ぶ際には、より大きなパールにはより多くの真珠層があり、そのため、より光沢があることを念頭に置いておいてください。5mmの淡水養殖真珠と10mmの南洋養殖真珠を見比べてみれば、真珠層の数の違いがはっきりと分かります。真珠層の違いは、パールサイズの違いと同様にはっきりと目にすることができます。

 

シェイプ

パールのシェイプ

Blue Nileでは最も高級であり、ジュエリーとして理想的なラウンドのパールを販売しております。球状や対称ではないシェイプのパールは品質が低下すると考えられ、ジュエリーに使用されている淡水真珠はオーバル、またはややオフラウンドである一方、あこや、タヒチ、および南洋真珠は最もラウンドである傾向があります。


 

パールの表面

軟体動物がパールを生成する際、新しい真珠層が表面にスムーズに付着しないことがあり、層形成過程においてスポットや気泡が生じる場合があります。表面の滑らかさや光沢はパールの価値を大きく影響することが多く、Blue Nileではお客様に様々な価格のジュエリーを提供できるよう、様々な表面品質のパールをご用意しております。

 

サイズ

パールの大きさ(ミリ)

パールのサイズは種類によって大きく異なります。淡水真珠は3.0-7.0mm、あこや真珠は約6.0-8.5mm、南洋真珠とタヒチ真珠は最大13mmにまで達します。



 

お手入れ

適切なケアを定期的に行えば、パールは一生その品質を失うことはありません。パールの一番良いケア方法は、頻繁に身に付けることです。パールは人間の皮膚から分泌される自然な油で光沢を保つことができますが、香水、化粧品、石鹸やヘアスプレーなどの家庭用化学品に触れないようにすることも大切です。パールは、外出時の支度をする際は最後に身に付け、帰宅したら最初に外すことをお勧めします。パールをしまう前には、柔かい布で拭き、他のジュエリーと別々に保管し、柔かい表面に傷がつくのを避けるようにしてください。