ジェムストーンの美しいカラーは決定的な特性で、多くの宝石商は評価するときの最も重要な基準と考えています。ジェムストーンのカラーを決定するときには、色相、トーン、彩度を調べます。


色相

価値のあるジェムストーンは、主となるカラーが純粋であって、それに他のカラーの色相が「わずか」に混じっています。Blue Nileのジェムストーンはすべてそのようなものです。たとえばBlue Nileのサファイアの色相は、「わずかに紫がかった青」から「わずかに緑がかった青」に収まり、ピンクサファイアは常に「ピンク」から「わずかに紫がかったピンク」の範囲で、ルビーは「ややオレンジがかった赤」から「やや紫がかった赤」をしています。オパールを除くジェムストーンの様々な色相については、製品の説明ページでジェムストーンの詳細として述べてあります。


トーン

トーンはカラーの深みのことで、無色から黒まであります。ジェムストーンのトーンは、「ライト」「ミディアムライト」「ミディアム」「ミディアムダーク」「ダーク」で表現されます。Blue Nileでは、最も求められているミディアムライトからミディアムダークの範囲に収まるジェムストーンをご用意しています。ジェムストーンを用いたBlue Nileのジュエリーについてはすべて、ジェムストーンの詳細を記述している部分でトーンの記載をしています。


彩度

彩度とはカラーの純度のことで、ジェムストーンへの茶色や灰色の色相の混入の度合いを見ます。望ましいジェムストーンでは灰色や茶色の混入が少なく、しばしば「生き生きとした」とか「強い」彩度があると表現されます。一般に彩度については製品の詳細のところで記載していませんが、これはBlue Nileのジュエリーに用いるジェムストーンは、生き生きとしたカラーのものを手で選別しているからです。