シンブルながらも目を惹くウェディングリング

シンプルでプレーンなウェディングリングは、見た目以上のものがあります。フィット、仕上げ、メタルを選択して、リングを自分だけのものにできます。

仕上げについて

ウェディングバンドリングは、シャンクの外側にさまざまな仕上げ、テクスチャー、装飾的アクセントが施されています。

ハイポリッシュ

ハイポリッシュのリングは煌めきと光沢があり、自分の姿が反射して見えます。

ブラッシュ仕上げ

スチールウールで磨いたようなマットなテクスチャー。

ハンマー

素朴な手斧掛けしたような感触のマットなハンマー仕上げ。

ミルグレイン

フランス語で「千の米」という意味のミルグレイン(ミル打ち加工)は、細かな縁飾りです。

デコラティブ

対照的なメタルの色のはめ込みなど、縄模様、刻印、彫刻、その他、シャンクの装飾的なアクセント。

つけ心地の調整

ウェディングリングのフィットと言えば、リングの着け心地のほかに、リングの高さやドームも指しています。

フラット
コンフォートフィット

コンフォートリングの内側は斜角が外向きにカーブを描いています。他のリングは内側がフラットです。
フラット
ロードーム
ハイドーム
お問い合わせ。24時間365日ご利用いただけます。

コミッション制ではないので、押し売りはありません。

866-441-9151 866-441-9151
地金を選ぶ

プラチナとゴールドのほかに、ダイヤモンドウェディングバンドリングは、コバルト、パラジウム、タングステンなど、それぞれに面白い個性のあるコンテンポラリーなメタルでも入手できます。

プラチナ

ウェディングバンドリングとして最も人気が高いプラチナは、非常に頑丈で、経年と共に美しいパティナが表れる天然の白色合金です。

ゴールド

ゴールドはイエローが一般的ですが、混合された合金によってホワイトやローズ色もあります。

コンテンポラリーなメタル

コバルト、パラジウム、タングステンは、プラチナとゴールドの代わりになる経済的なオプションです。

要約

プレーンなウェディングリングバンドは単なる無地ではありません。さまざまな仕上げ、フィット、メタルが使われています。

仕上げには、ハイポリッシュ、ブラッシュ、ハンマー、ミグレイン、デコラティブなどがあります。

フィットはバンドリングをはめた時のなじみ具合を指します。コンフォートフィットは丸みがあり、コンフォートフィット以外は直角です。

プレーンなウェディングリングには、プラチナ、ゴールドのほか、パラジウム、コバルト、タングステンなどのコンテンポラリーなメタルが使われます。

Powered By OneLink