K14ホワイトゴールドプリンセスカットフローティングハローエンゲージリング

リング購入のクイックヒント

リングのガイドに戻る
エンゲージリング
スタイルの問題

ご自分の趣味に合うリングスタイルに絞り込んで見定めることが大切ですが、ラウンドダイヤモンドと伝統的でエレガントな4プロングソリテールなら間違いありません。


ハローを試してみる

ご予算内では小さいダイヤモンドしか見つからない場合は、ハローセッティングを選んでみてください。石を大きく見せることができます。


シェイプを変える

マーキス、オーバル、ペアーなどのファンシーシェイプはカラット重量を大きく見せ、カラット当たりの価格も安くなる傾向があるため、限られた予算を有効活用できます。

ウェディングリング
硬さはどのくらい?

プラチナは強度と耐久性に優れているため、ウェディングリングに最適です。また、ホワイトゴールドは経年変化で再めっきが必要になる可能性がありますが、プラチナは白い輝きを保ちます。


オプションを検討する

コバルト、タングステン、パラジウムなどの新しいメタルは、伝統的なメタルの優れた代用品になるうえ、より安価です。


リングを組み合わせる?

セットリングを好む方もいますが、地金が異なるリングや、デザインは異なっても引き立て合うスタイルを選んで、コーディネートを楽しむ方もいます。

ライフスタイルを考慮する
適切なリサーチ

人は、どのジュエリーよりもウェディングジュエリーを身につける傾向があります。入念なメンテナンス、つまりダイヤモンドがしっかりと固定されていることを6~12ヵ月おきに確認することが重要です。


高さは重要

ウェディングリングと重ねづかいにするときは、エンゲージリングのシャンクのヘッドの形と高さを考慮してください。2つが頻繁に擦れると、摩損が起きることがあります。


着け心地

リングは初めてという方は、内側がやや丸みを帯びたコンフォートフィットのリングが着けやすいかもしれません。

お問い合わせ。24時間365日ご利用いただけます。

コミッション制ではないので、押し売りはありません。

866-441-9151 866-441-9151
Powered By OneLink