ジェムストーンのエンハンスメント

カラージェムストーンのエンハンスメントについてのBlue Nileのポリシー

Blue Nileではお客様に、最高品質の本物の宝石のみをお届けしています。Blue Nileの熟練した宝石鑑定士がカラージェムストーンを社内で厳重に検査し、厳しい品質基準を満たすよう保証しています。

希少で視覚的にも独特の特性があるために、、Blue Nileを含めた高級宝飾店では、取扱うカラージェムストーンのほぼすべてについて、様々な技術を使いエンハンス処理を施しています。これらの技術は何世紀にもわたって用いられてきたものです。エンハンス処理がされていないカラージェムストーンは非常に希有で、大変高額になります。

Blue Nileのホワイトダイヤモンドとファンシーカラーのダイヤモンドについては、通常のカットとポリッシュ以外のエンハンスメントを一切行っていません。ブラックダイヤモンドのファッションジュエリーでは、そのユニークな黒のカラーを作るために処理を施した天然ダイヤモンドを使用しています。

カラージェムストーンのエンハンスメントプロセス

カラージェムストーンのエンハンスメントには様々な手法があります。次に最も一般的なエンハンスメントを説明します。カラージェムストーンのエンハンスメントについて詳しくは、American Gem Trade Association(アメリカ宝石取引協会)の 宝石情報マニュアルをご覧ください。

熱処理

ジェムストーンのカラーと透明度を上げるために加熱処理を施すことは、世界中で長い間一般的に行われてきました。これは様々なカラージェムストーンで、ポリッシングと仕上げの標準工程に組み込まれています。そのようなことから、この処理はジュエリー業界とAmerican Gem Trade Associationで認められています。熱処理によるエンハンスメントを行ったジェムストーンのカラーと透明度は永続します。

浸透

見ためを改善するため、無色または色の付いたオイル、ワックス、樹脂、その他の素材をジェムストーンに浸透させることを意味します。このプロセスは、何世紀も前にエメラルドをオイルやワックスに浸けると裸眼では透明度が増すことを見つけた宝石商が始めたものです。この手法は、今日もさまざまなカラージェムストーンに用いられています。

コーティング

多孔性のカラージェムストーンの表面にワックス、樹脂、オイルなどを塗布して、天然素材を保護し耐久性と外観を改善するものです。

漂白

カラーを明るく均質にするため、化学薬品その他を使用するものです。

染色

カラージェムストーンに浸透する着色料を加えてカラーを増強したり変えたりする処理のことです。

放射

放射線を用いてジェムストーンのカラーを変更することを指し、このあとで熱処理をすることがよくあります。ジェムストーンに放射線を照射してカラーのエンハンスメントをすると効果は永続します。

最新技術および今後の技術

カラージェムストーンのエンハンスメント技術は、それと判別できるものもできないものも、常に進歩しています。これを判別するのは優れたラボラトリーでも困難で、ときにはわからないこともあります。Blue Nileは、最新技術や今後の技術の解明を行う業界グループや宝石鑑定の専門家と連携して、自社の厳しい品質基準を維持していきます。

ジェムストーンケアの基本

ジェムストーンは耐久性に優れていますが、様々なケアが必要になります。たとえばジェムストーンの中には、家庭にある化学薬品や温度変化に特別影響されやすいものがあります。ジェムストーンのクリーニングは特に注意が必要です。多くのジェムストーンはケアの基本のガイドラインに従ってケアをする必要がありますので、Blue Nileの「ジェムストーンとパールのケア」と「エンハンスメントの概要」をご覧いただき、お客様の特定のジェムストーンのケアの条件をご理解ください。さらにご質問があれば、Blue Nileのカスタマーサービスにご連絡ください。

クリーニング

ジェムストーンジュエリーを取り外したら、研磨剤の入っていないジュエリークリーナーで次のようにクリーニングをします。ご使用になる前に、そのクリーナーがお客様のジェムストーンに使用して安全なものかを確認してください。残っている汚れその他の残留物を柔らかな布で拭ってください。

保管

ジェムストーンジュエリーは内張りの付いたケースやソフトクロスに保管し、宝石同士や他のジュエリーと触れ合わないようにします。ジェムストーンはゴールド、シルバー、プラチナよりも硬いため、離して保管しないと他の高価なジュエリーの表面を傷つけることがあります。

装着

ルビーとサファイアはダイヤモンドに次ぐ硬度がありますが、だからといって傷がつかない、というわけではありません。それは、これらのジェムストーンがスクラッチに対しダイヤモンドとほぼ同じ抵抗力を持っていることを意味します。研磨力のある表面、強力な化学薬品、大きな衝撃などがあれば、非常に硬いジェムストーンでも傷つくことがあります。ジェムストーンジュエリーは身支度をして最後に装用し、夜は最後に取り外すようにしなければなりません。ジェムストーンは注意して保管すれば、何世代にもわたり楽しむことができます。

ジェムストーンとパールのケアとエンハンスメントについての概要

ジェムストーン
認められるエンハンスメント
ジェムストーンのケア
瑪瑙
カラー改善のための加熱や染色。
ジェムストーンケアの基本
琥珀
カラーと透明度改善のための加熱。
超音波洗浄機は使用しないでください。急激な温度変化、化学物質、香水、化粧品、ヘアスプレーは避けてください。
アメジスト
カラー改善のための加熱。
ジェムストーンケアの基本
アパタイト
ジェムストーンケアの基本
アクアマリン
カラーと透明度改善のための加熱。
ジェムストーンケアの基本
ブラックダイヤモンド
カラーを変えるため加熱または放射線照射。
ジェムストーンケアの基本
ブラックオニキス
染色。
ジェムストーンケアの基本
ブラックスピネル
なし。
ジェムストーンケアの基本
ブルートパーズ
カラーを変えるため加熱または放射線照射。カラーを変えるための熱コーティング。
ジェムストーンケアの基本
カーネリアン
カラー改善のための加熱。
ジェムストーンケアの基本
カルセドニー
染色。
ジェムストーンケアの基本
クロム透輝石
なし
ジェムストーンケアの基本
黄水晶
カラー改善のための加熱。
ジェムストーンケアの基本
サンゴ
表面の均一化または耐久性付与のため無色の物質をコーティングまたは含浸。カラーエンハンスメントのための漂白または染色。
ジェムストーンケアの基本
ダイヤモンド
なし。
ジェムストーンケアの基本
エメラルド
透明度やカラー改善のための注入。
超音波洗浄機は使用しないでください。急激な温度変化、化学物質、香水、化粧品、ヘアスプレーは避けてください。
ファイアオパール
なし。
超音波洗浄機は使用しないでください。急激な温度変化、化学物質、香水、化粧品、ヘアスプレーは避けてください。
ガーネット
なし。
急激な温度変更を避けてください。
アイオライト
なし。
超音波洗浄機は使用しないでください。
クンツァイト
カラーを改善するため加熱または放射線照射。
超音波洗浄機は使用しないでください。直射日光を避けてください。
ラブラドライト
なし。
ジェムストーンケアの基本
ラピス
染色。
超音波洗浄機は使用しないでください。急激な温度変化、化学物質、香水、化粧品、ヘアスプレーは避けてください。
ムーンストーン
なし。
ジェムストーンケアの基本
モルガナイト
カラーと透明度改善のための加熱。
ジェムストーンケアの基本
オパール
表面の均一化と耐久性向上のためのコーティング。
超音波洗浄機は使用しないでください。急激な温度変化、化学物質、香水、化粧品、ヘアスプレーは避けてください。
パール(天然および養殖)
漂白、染色、ポリッシュ、コーティング。
超音波洗浄機は使用しないでください。急激な温度変化、化学物質、香水、化粧品、ヘアスプレーは避けてください。詳しくは、パールガイドをご覧ください。
ペリドット
なし。
ジェムストーンケアの基本
ブロウ石
なし
ジェムストーンケアの基本
クオーツ
グリーン/レモン:カラー改善のための放射線照射。スモーキー:カラー改善のための加熱。ブルー染色。金鉱石/ローズ/ホワイト:なし。
ジェムストーンケアの基本
ルビー
カラーと透明度の改善のための加熱や含浸またはその両方。
ジェムストーンケアの基本
サファイア
カラーと透明度の改善のための加熱や含浸またはその両方。
ジェムストーンケアの基本
スピネル
なし
ジェムストーンケアの基本
タンザナイト
カラーと透明度改善のための加熱。カラーと透明度改善のための含浸。
超音波洗浄機は使用せず、急激な温度変化を避けてください。
トルマリン
カラー改善のための放射線照射。
超音波洗浄機は使用せず、急激な温度変化を避けてください。
トルコ石
表面の均一化または耐久性付与のため無色の物質をコーティングまたは含浸。
超音波洗浄機は使用しないでください。化学物質、香水、化粧品、ヘアスプレーは避けてください。
白瑪瑙
なし。
ジェムストーンケアの基本
ホワイトトパーズ
なし。
ジェムストーンケアの基本
Powered By OneLink