Blue Nileシグネチャープリンセスカットダイヤモンド

高級基準を用いた最初で唯一のプリンセスカットダイヤモンドに仕上げるために、熟練したカッターが高等級のダイヤモンドの原石から始めます。これらのダイヤモンドは、光のパフォーマンス、輝き、ファイア、シンチレーションを最大限に高めるために、Blue Nileが定める厳密な割合へとカットされます。

シグネチャープリンセスカット基準

クラウン高さ:
8.5-13.5%
長さ/幅の比率:
スクエア(1.0-1.05)
深さ %:
63.0-72.0%
テーブル %:
65.0-74.0%
ポリッシュ:
EXからVG
対称性:
EXからVG
レポート:
GIA、GCAL

正確な対称性

正確な対称性
Blue Nileシグネチャープリンセスカットダイヤモンドはすべて厳密な割合で、長さと幅の比率が1.05以下であると認定されています。Blue Nileシグネチャープリンセスカットダイヤモンドは、業界基準のおよそ2倍の高いクラウンが特徴です。高めのクラウンがダイヤモンドにより多くの光を取り込み、正確なポリッシュと対称性により、一層の輝きを放ちます。
小さめのテーブルと正確な対称性を備えたBlue Nileシグネチャープリンセスカットダイヤモンドは、より多くの光を返します。サイズに勝る品質となるよう、すべてのダイヤモンドを最高品質を目指して仕上げています。通常のダイヤモンドは88%以上の深さにカットされますが、Blue Nileシグネチャーダイヤモンドは深さ72%以下のカット、およそ6%カラット重量を犠牲にし、品質を高めています。
Blue Nileシグネチャーの違いについて詳しくはこちらをご覧ください。
Powered By OneLink