Blue Nileシグネチャーエメラルドカットダイヤモンド

Blue Nileシグネチャーエメラルドカットダイヤモンドはすべて、ハンドセレクトされたダイヤモンドの原石から始まります。クラシックなエメラルドカットの外観に最適とされる長さと幅の比率(1.30対1.40)になるよう、熟練したダイヤモンドカッターが原石を厳密な割合にカットします。

シグネチャーエメラルドカット基準

クラウン高さ:
9.0-13.9%
長さ/幅の比率:
1.30-1.40
深さ %:
60.0-68.0%
テーブル %:
61.0-69.0%
ポリッシュ:
EXからVG
対称性:
EXからVG
レポート:
GIA、GCAL

最初の高級エメラルドカットダイヤモンド

最初の高級エメラルドカットダイヤモンド
Blue Nileは初めて、輝きの高級基準をエメラルドカットダイヤモンドに採用しました。キューレットと高めのクラウンに加え、パーフェクトな割合、対称性、ポリッシュが輝きを最大限に高め、光の漏れを防ぎます。より多くの光を取り込む大きめのクラウンファセットが輝きを与え、パビリオンファセットの配置がより多くの入射光を反射します。さらに、Blue Nileシグネチャーエメラルドカットダイヤモンドは保証された透明度がVS2以上ですので、アイクリーン(ダイヤモンドを真上から約15cm~20cm離して見た場合、肉眼で内有物が確認出来ない)品質であることが保証されています。
Blue Nileシグネチャーの違いについて詳しくはこちらをご覧ください。
Powered By OneLink