Blue Nileシグネチャークッションカットダイヤモンド

特許申請中のBlue Nileシグネチャークッションカットダイヤモンドは、独自のクッションカットシェープより比類なきライトパフォーマンスを引き出すことに成功しました。これらのモダンなクッションカットのダイヤモンドは、Blue Nileのために特別にデザインされ、制作されています。ユニークなファセット構造は、通常はラウンドブリリアントカットのダイヤモンドのみに見られるレベルの輝き、ファイヤー、きらめきを放つように特別にデザインされました。

シグネチャークッションカットの基準

長さ/幅の比率:
スクエア(1.0-1.05)
ポリッシュ:
EXからVG
対称性:
EXからVG
レポート:
GIA、GCAL
ハート&アロー:
確認済み
Blue Nileシグネチャークッションカットダイヤモンドは、それぞれが厳格なプロポーション基準でカットされています。ダイヤモンドが「シグネチャー」と鑑定されるには、あらゆる寸法と角度が非常に狭い範囲内に収まる必要があります。また、輪郭が完璧な正方形のクッションシェイプになるように縦横比は1.05以内に制限されています。この厳格な許容誤差によって、Blue Nileシグネチャークッションカットダイヤモンドのすべてに同じレベルの素晴らしいライトパフォーマンスが見られるようになります。

ハート&アロー

「ハート&アロー」という表現は、ダイヤモンドが完ぺきな対称性と角度でカットされたときに得られる視覚効果を表すときに用いられます。Blue Nileシグネチャークッションカットダイヤモンドは、通常はラウンドブリリアントカットのダイヤモンドのみに見られるハート&アローのパターンが表れるユニークなプロポーションでカットされています。特殊な光フィルターを通して見ると、Blue Nileシグネチャーダイヤモンドの完璧に並んだファセットから、すぐにそれとわかるハート&アローのパターンが表れます。底から見ると、完全に左右対称のハートが8個、上から見ると、完全に均一な矢が観察されます。
クッションハート&アロー

Blue Nileシグネチャーコレクションのダイヤモンドはすべて、米国宝石学会(GIA)または米国宝石協会研究所(AGSL)による鑑定に加えて、宝石認定および品質保証研究所(GCAL)発行の認定書が付いています。これは、ライトパフォーマンスの光学特性を含め、ダイヤモンドがBlue Nileシグネチャーコレクションの品質要件のすべてを満たしていることを証明する第2の信頼すべき分析を提供するものです。シグネチャーダイヤモンドはすべて、ガードルにBlue Nileのロゴと固有の認定番号が刻まれており、ルーペで見ることができます。

Powered By OneLink