ダイヤモンドのカットのグレード

Blue Nileの認定ダイヤモンドはGIAまたはAGSLによって評価されています。これらは世界中で最も格式ある2大ダイヤモンド鑑定所です。両鑑定所ともほぼ同様の科学的なアプローチを用いてカットのグレードを定義しているので、グレーディング・レポートの発行元が異なる場合でも、ダイヤモンドを簡単に比較できます。

GIAカットのグレード基準

GIAは、表面の形状、デザイン、職人技を組み合わせた要素をカットのグレードの新基準にしており、これらすべてがダイヤモンドのファイアと輝きに影響します。ここでは、7万個のダイヤモンドと3850万のプロポーションセットに基づく予測コンピュータモデルを使用し、相関測定に従ってダイヤモンドの輝きを判定しています。2006年1月1日より前に評価されたほとんどのGIAダイヤモンドには、鑑定所が指定したカットのグレードが付いていません。GIAのカットグレードシステムには、エクセレント、ベリーグッド、グッド、フェア、プアという評価があります。GIAでは「アイデアル」カットは与えず、「エクセレント」が最も高い評価です。比較上、このWebサイトではGIAの「エクセレント」カットをBlue Nileの「アイデアル」カットと記載しています。カットのグレードは同等です。GIA ダイヤモンド・グレーディング・レポートダイヤモンド鑑定書ドシエ®について詳しく学びましょう。
フェイスアップの外観
デザイン
職人技

明るさ
ファイア
シンチレーション

重量比
耐久性

ポリッシュ
対称性

AGSLのカットグレード基準

AGSLは、光の反射、プロポーション、仕上げの特徴からダイヤモンドのファイアと輝きを測定して、カットのグレードを判定しています。AGSLはダイヤモンドのカットグレードを判定するとき、この3カテゴリの異なる11基準を組み合わせて調べてから、アイデアル、エクセレント、ベリーグッド、グッド、フェア、プアのグレードを割り当てます。AGSLは、完璧なプロポーション、仕上げ、対称性という基準を満たしているダイヤモンドに「アイデアル」のラベルを付けます。AGSLの「アイデアル」はダイヤモンド業界で「トリプルゼロ」のグレードとして知られています。AGSLの「アイデアル」カットは、GIAの「エクセレント」カット、Blue Nileの「アイデアル」カットに相当します。比較上、このWebサイトでは、これらのカットをすべて「アイデアル」と記載しています。AGSL ダイヤモンド品質保証書について詳しく学びましょう。
光のパフォーマンス
比例係数
仕上げ

明るさ
ディスパーション
リーク
コントラスト

ガードル
キューレットのサイズ
スプレッド
耐久性
傾斜

ポリッシュ
対称性

Blue Nileのダイヤモンドのカット

特定のダイヤモンドにGIAまたはAGSL認定のカットグレードがない場合は、Blue Nileの比例式鑑定システムでダイヤモンドのカットを判定します。

Blue Nileでは、各ダイヤモンドのダイヤモンド・グレーディング・レポートに記載されている測定値を使用して以下の点を判断します。

  • テーブルの割合:ダイヤモンド全体の直径に対するテーブルの直径の比率。
  • 深さの割合:ダイヤモンドの直径に対する深さの比率。

Blue Nileカットの基準

グレーディング・レポートに記載されている次の両方を基準とします。

テーブルの割合
深さの割合

Powered By OneLink