カラーダイヤモンド

ダイヤモンド10,000個のうち、天然のカラーが存在するのは1つか無いかといわれています。天然のカラーダイヤモンドは、その希少性により、ファンシーカラーダイヤモンドと呼ばれています。このため、ファンシーカラーダイヤモンドは、ダイヤモンドのカラーの強度と分布だけで価値を認められ、購入されます。ホワイトダイヤモンドすなわち無色のダイヤモンドを購入するときの基準(例えば、カットのプロポーションと透明度)は、ファンシーカラーダイヤモンドではそれほど重要ではありません。ご自分にぴったりのファンシーカラーダイヤモンドの選定には、以下の説明をご利用ください。

カラー

ファンシーカラーダイヤモンドをご購入の際には、カラーの強度、深み、豊かさがもっとも重要なポイントとなります。カラーが強いほど、希少で価値が高いダイヤモンドであるといえます。Blue Nileで販売されているファンシーカラーダイヤモンドはすべて自然色で、染料や照射などの人工着色技法を加えていません。

カラット

ファンシーカラーダイヤモンドにおいてカラーの等級の次に価格に影響を及ぼすのは、カラット重量です。ダイヤモンドの採掘で大きな原石が見つかることは希です。そのため、大きいダイヤモンドは価値が高く、ファンシーカラーダイヤモンドの価格は、カラット重量が大きくなるにつれて高くなります。カラット重量の詳細は、[ダイヤモンドのガイド] セクションでご覧ください。

透明度

ファンシーカラーダイヤモンドはその性質に基づき、無色ダイヤモンドに比べると透明度はそれほど重要ではありません。それは包有物がダイヤモンドカラーによって隠されてしまうためです。

カット

ファンシーカラーダイヤモンドは主に、そのカラーを強調するようカットされます。それに対して無色ダイヤモンドは、ファンシーカラーダイヤモンドの天然色から欠如している場合もある輝きを最大に引き出すようカットされます。ファンシーカラーダイヤモンドには輝きも必要ですが、カットの際にもっとも重要視される特徴はカラーです。

シェイプ

カットとはダイヤモンドの光のパフォーマンス、寸法、仕上げを意味しますが、シェイプはダイヤモンドを上から見たときの全体の外観を意味します(ラウンド、プリンセス、マーキスなど)。ファンシーカラーダイヤモンドは、天然色を強調するために非従来型シェイプにカットされる場合が多くあります。ファンシーカラーダイヤモンドは希少であるため、いつでもご希望のシェイプやカラーが入手できるとは限りません。特定のファンシーカラーダイヤモンドをお求めの場合は、ダイヤモンド&ジュエリーコンサルタント(866-441-9151)までお問い合わせください。

認定

Blue Nileのファンシーカラーダイヤモンドはすべて、ダイヤモンド業界でもっとも権威あるラボの一つ、Gemological Institute of America(米国宝石学会、GIA)によって独立鑑定・評価されています。それぞれのダイヤモンドには、カラーのダイヤモンド認定書とオリジナルレポートがついてきます。この権威あるレポートは、カラーの等級を含むダイヤモンドの仕様を列挙し、採掘場所も記載しています。

カラーダイヤモンドのセッティング

ファンシーカラーダイヤモンドのセッティングを選定する場合、ダイヤモンドの天然色を強調するセッティング材料を選択することをお奨め致します。たとえば、ファンシーイエローダイヤモンドはイエローゴールドにセットされることが多く、ピンクダイヤモンドはローズゴールドにセットされると美しさが強調されます。ファンシーカラーダイヤモンドのセッティングについて疑問又は質問がある場合は、弊社のダイヤモンド&ジュエリーコンサルタント( 866-441-9151)までお問い合わせください。
Powered By OneLink