ダイヤモンドのカラー

キーポイント

  • カラーとは、ダイヤモンドの色のなさのことで、ダイヤモンドの無彩色性を評価します。
  • カラー等級はDが最高で、Zが最低となっています。
  • Blue Nileでは、カラーの等級がJ以上のもののみ取り扱っています。

カラーは、薄いイエローとしてダイヤモンドに現れます。これが、ダイヤモンドのカラー等級が無色性を基にしている理由です。色のないダイヤモンドほど、カラーの等級は高くなります。ダイヤモンド選びにおいて、一般的に、カラーは、カットの次に重要な特徴であると考えられています。これは、人間の目はまずダイヤモンドの輝き(光のパフォーマンス)を感知し、その後に色を感知する傾向にあるためです。

Blue Nileでは、カラーの等級がDからJまでの最上のダイヤモンドのみご覧いただけます。グレードJ以上のダイヤモンドは、無色かほぼ無色で、普通、肉眼では色を認めることはできません。

お取扱いがありません
Blue Nileのダイヤモンド
Z-N
M-K
J
I
H
G
F
E
D
顕著な色。
ほぼ無色
無色

ダイヤモンドのカラー

Z-N
色が顕著。Blue Nileでは扱っておりません。
M-K
色が顕著。Blue Nileでは扱っておりません。
J-I
ほぼ無色。並外れた価値があり、温かさや色調がかすかに認められる。
H-G
ほぼ無色。より高いグレードのダイヤモンドと並べて比較しない限り、色を認めることは難しい。優れた価値がある。
F-E
無色。専門家である宝石鑑定士には、ほんのわずか色があることがわかる。希有なダイヤモンド。
D
完全無色。最高のカラー等級。極めて希有。

お客様に最適のカラーとは?

  • 純正さを求める方は、色が認められない、グレードDからFの無色のダイヤモンドをご覧ください。
  • お買い得感をお求めの方は、肉眼ではほとんどもしくは全く色が認められない、グレードGからIの、ほぼ無色のダイヤモンドをご覧ください。

カラーがダイヤモンドの無彩色感に影響するかについてご理解いただいたところで、次は透明度について学びましょう。

カラーについてより詳しく知るには、助言とヒントの項目をご覧ください。

お問い合わせ

お問い合わせは、866-441-9151までお電話いただくか、servicejp@bluenile.comまで電子メールをお送りください。営業時間中にはライブチャットもご利用いただけます。

ダイヤモンド購入ガイド(無料)をリクエストする

Powered By OneLink