ダイヤモンドのカラー

キーポイント

  • 4Cのうち、カラーは二番目に重要な特性です。人間の目は最初に光を検知し(ダイヤモンドのカット)、次にカラーを検知するからです。
  • ダイヤモンドのカラーグレードが良いほど、価格が上がります。ただし、ある時点に達すると、専門家が拡大鏡で見ない限り、カラーの違いを検出できなくなるのです。
  • ご予算を最大活用するには、「ほぼ無色」と呼ばれるダイヤモンド(グレードG~H)を選びましょう。この範囲のグレードなら、微量の色は肉眼で見えません。

カラーは、薄いイエローとしてダイヤモンドに現れます。これが、ダイヤモンドのカラー等級が無色性を基にしている理由です。Blue Nileでは、無色(グレードD~F)からほぼ無色(グレードG~H)のダイヤモンドのみを扱っており、通常、天然の色が含まれていても肉眼では確認できません。

グレードスケール

スライダーを使ってカラーグレードの詳細を確認するか、下のカラーグレード表をご覧ください。
K-Z
J
I
H
G
F
E
D
D:完全無色
最高のカラーグレード。極めて希有。
「Dグレードのダイヤモンド」を参照

ダイヤモンドのカラーグレード表

D
Dグレードのダイヤモンド

無色透明

最高のカラー等級。極めて希有。

「Dグレードのダイヤモンド」を参照
E-F
F-Eグレードのダイヤモンド

無色

専門家である宝石鑑定士には、ほんのわずか色があることがわかる。希有なダイヤモンド。

「E-Fグレードのダイヤモンド」を参照
G-H
H-Gグレードのダイヤモンド

無色に近い

より高いグレードのダイヤモンドと並べて比較しない限り、色を認めることは難しい。優れた価値がある。

「G-Hグレードのダイヤモンド」を参照
I-J
J-Iグレードのダイヤモンド

無色に近い

並外れた価値があり、温かさや色調がかすかに認められる。

「I-Jグレードのダイヤモンド」を参照
K-Z
M-Zグレードのダイヤモンド

顕著な色。

Blue Nileでは扱っておりません。

専門家が伝授するご購入の手引き

  • 完璧主義の方は、拡大鏡でも色が認められないD~Fグレードの「無色」のダイヤモンドをお探しください。
  • コスパの高さなら、肉眼で色が認められないG~Jグレードの「ほぼ無色」のダイヤモンドがお勧めです。
  • カラーグレードの高いダイヤモンドを購入する場合は、プラチナかホワイトゴールドのセッティングがお勧めです。イエローゴールドのセッティングは無色のダイヤモンドを通して透けて見える可能性があります。

次に、ダイヤモンドのクラリティについて学びましょう。

お取扱いがありません
Blue Nileのダイヤモンド
Z-N
M-K
J
I
H
G
F
E
D
顕著な色。
ほぼ無色
無色

お問い合わせ

お問い合わせは、866-441-9151までお電話いただくか、servicejp@bluenile.comまで電子メールをお送りください。営業時間中にはライブチャットもご利用いただけます。

Powered By OneLink