ダイヤモンドの構造

ダイヤモンドの構造

下にあるインタラクティブなグラフィックは、ダイヤモンドの主な部分を説明しています。ダイヤモンドの構造を考えるとき、最も重要な3つの要素は直径、テーブル、そして深さです。その理由は、直径に対するテーブルの比率、および直径に対する深さの比率がダイヤモンドのカットグレードを決定するのに大きく関わってくるからです。
しかし一方で、ダイヤモンドの構造を理解することは有益であるものの、それがカットグレードよりも優先されたり、また混同されたりしてはなりません。ダイヤモンドのさまざまな部分とそのカットの方法は、ダイヤモンドのカットグレードの一部に含まれます。

ダイヤモンドの構造

ダイヤモンドの構造

直径:ガードルで測定されるダイヤモンドの幅。

テーブル:ジェムストーンの最大のファセット。

クラウン:ガードルからテーブルへ延びるダイヤモンドの頂上部分。

ガードル:クラウンとパビリオンが接する部分で、ダイヤモンドの周囲の長さを規定します。通常はあまり考慮されませんが、Blue Nileではガードルが非常に薄い(チッピングが起きやすくなります)、または非常に厚い(ダイヤモンドの中央に余計な重量がかかり、同じ重さのダイヤモンドより小粒に見えます)と鑑定されている石はお避けになることをお勧めします。

パビリオン:ダイヤモンドの下の部分で、ガードルからキューレットまでを指します。

キューレット:ジェムストーンの先端にあるファセット。キューレットは裸眼では見えないものが好まれます(「なし」または「小」のグレード)。

深さ:宝石のキューレットからテーブルまでを測った高さです。

カットについて、さらに詳しく

Blue Nileはダイヤモンドのカットを、どのように鑑定しているか?

GIAAGSLの両鑑定所ともに、包括的で正確なダイヤモンドのカットグレードを提供するため、いくつもの基準で評価を行っています。GIAかAGSLによるカットグレードが無い場合、お客様が一貫した基準 でダイヤモンドの比較をすることが出来るよう、Blue Nileでは独自にカットグレードを提供しています。Blue Nileがどのようにカットグレードを決定するか学ぶ。

Powered By OneLink