ダイヤモンドのお手入れ

ダイヤモンドは地球上で最も硬い物質の1つで、熱や傷のダメージに強いという特性があります。とは言え、ダイヤモンドは不滅ではありません。欠けたり壊れたりすることもあり、特にガードル部分は繊細です。そのため、ダイヤモンドを比較的頑丈なセッティングにセットすることで、しっかり守ることができます。
ダイヤモンドを身につけるときは、指にはめていることを常に意識して、ざらざらしたものに擦れたり、硬いものにぶつける可能性のある作業をするときには外してください。たとえば、庭いじり、皿洗い、激しい運動などがこれに含まれます。

ダイヤモンドの洗浄と修理

ダイヤモンドは日常身につけている間に、埃や塵、汗、化粧品、皮脂はもちろん、漂白剤やヘアスプレーなどの家庭用化学薬品にもさらされます。時間がたつと、これらの物質がダイヤモンドに蓄積し、その自然の輝きが失われます。

6か月に一度、または落としたり硬い表面にぶつけたり、何らかの外傷を受けた場合には、専門店でダイヤモンドを洗浄・点検してもらうことをお勧めします。こうした点検によって、知らない間にリングが損傷していた場合に、ダイヤモンドソリテールが外れるのを防ぐことができます。Blue Nileはこのサービスを無料でお客様に提供しています。詳細については、servicejp@bluenile.comまたは+1206 336 7915までお問い合わせください。

ダイヤモンドジュエリーの保管

ダイヤモンドは硬いため、他のダイヤモンドやジェムストーンや貴金属にキズをつける可能性があります。これは、ジュエリー損傷の最もよくある原因の一つです。そのため、すべてのジュエリー、特にダイヤモンドジュエリーは、身につけていないときには、個別に柔らかい布のポーチに入れて保管してください。

ダイヤモンドの保険

不測の事故に備えて、紛失、盗難、損傷に対する保険をダイヤモンドにかけておくことをお勧めします。
Powered By OneLink